スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年のお節です

明けまして、おめでとうございます。

お年始廻り、初詣、年賀状書きが終わり、やっとブログにも
手が廻るようになりました。
更新頻度は相変わらず低いまま、となりそうですが
日記代わりにボチボチ書いていきたいな、と思っています。

2009年最初の記事は、お節です。

何年も作っていると、毎年同じようなものばかりになって
いますが、お節とはそういうもの、とも思うので、これで
いいかな、と・・・

2日からは、お出かけすることも多いので元日に
食べ切れる量を作るのにも慣れてきました。
量り売りや少量パックで売られているものも年々増えてきて
いるようなので活用させてもらいます。

2009.1.4
一の重

柚子釜にイクラ
数の子
黒豆
栗きんとん
バター醤油田作り
紅白蒲鉾
昆布巻き

バター醤油田作りのみ、手作りです。
2008年1月4日にご紹介している変わり田作りと作り方は
似ていますが、今年は出し殻ではなく、乾煎りしたイリコを
バター醤油で炒めています。

バタピーの作り方と似ていて、冷めるとサクサクになります。
市販の甘いお味付けが苦手な方には合うかもしれません♪

柚子釜を作るために、くり抜いた中身は晒し布で包んで絞り
その汁は鰤の柚香焼きの漬け汁に加えています。

2009.1.4
二の重

伊達巻
紅白なます
鰤の柚香焼き
百合根の梅肉和え
海老の艶煮
酢ばす
鴨肉の胡麻味噌焼き

伊達巻と海老の艶煮は市販のものです。
艶煮はスーパーで3匹パックされたものがあったので
無駄なく利用しています。

鴨肉は、年越し蕎麦として食べた鴨南蛮風の残りを使って
います。
30日に胡麻味噌ダレに漬け込み、大晦日に魚を焼く
グリルで焼いて、ラップでぴっちり包み保存しておきました。

百合根は酢を入れた湯でサッと湯がき、叩いて少量の
かつお出汁でのばした梅肉で和えています。
酸っぱすぎないので好評でした。

2009.1.4
三の重

お煮しめ
牛蒡、蓮根、里芋、蒟蒻、筍、京人参、干し椎茸
彩りにサッと塩茹でした絹さや

昔ながらに一品ずつ煮ていく時間は無いので必要な灰汁
抜きが終わったら、干し椎茸の戻し汁と混合節も入れた
濃い目のお出汁で、一緒に煮含めました。
日持ちを考え、筑前煮(がめ煮)のように鶏肉を入れるのは
避けました。

シャトルシェフで煮ると黒ずんでしまうので今年は麩は
使いませんでした。
彩りに使えそうなものは忙しくて買いにいけず、昨年も
使ったもので凌ぎました。

お雑煮のおつゆは、けんちん汁風の根菜たっぷりのを
用意しました。
年末、無茶したせいか、年明け早々具合が悪くなって
寝込んでしまい、私は、お雑煮を食べられませんでした。
なので画像ナシです。
夫が仕上げて子供達と食べたそうです。

大掃除が中途半端で終わってしまった所もあるので
ちょっと悔しいのですが、お節は何とかなり一安心の
年明けとなりました。


にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : おせち - ジャンル : グルメ

コメント

ビックリですよ!

あやかさん、今年もよろしくです。
凄い おせちに 驚きです。 私には ここまで出来ないわ。
毎年 母の処へ行き 二人でせっせと作ってましたが 今年からは自分で。
でも ここまで手作りとはいきませんでした。

相当 時間かけて丁寧に作られているかが うかがえますね。
さすがです!
食べさせて頂きたいくらいです。

のんたん様

こちらこそ、今年もお願いいたします♪

おせちの準備、面倒だな、と思うこともありますが一年の始まりなので手を抜きつつも用意しています。
不評のものもありますが、ある程度形式を守るのも大事なことかと・・・

舅、姑に食べさせるわけではないので気楽です~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。