スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真鶴町巡りPart14お林展望公園の草花と案内所前の猫さん

2008.6.232008.6.23
紫陽花は見頃だったのかも。
光が柔らかく当たり、きれいに撮れていました。

2008.6.232008.6.23
子供の顔より大きいくらいのお花なのですが、群生して
いました。

2008.6.232008.6.23
大きな葉と巨大な枯れ木。

2008.6.232008.6.23
真鶴には観光案内所が2ヶ所あるようです。
駅前と真鶴港前と。

この猫さんは港前の観光案内所の駐車場に居たコです。
海産物を売っているお店の方に懐いていて、お名前は
『かぶ』ちゃん、だそうです。
小さい頃、歌舞伎役者のようなお顔をしていたからなんだ
そうです♪
ウチの子たちが触っても大丈夫でした♪

昼食は、どこかでお刺身でも食べようか~、と決めていた
のですが、どこでも食べられるので、かえって迷います。

真鶴岬を出た後、お林展望公園を通り過ぎ、半島の
西側の道を駅に向かって走っていて見つけたお店は
丁度満席になったばかりで直ぐには席が空かない、との
ことで魚座へ移動しました。

魚座の駐車場は満車で入れず、どうしよう~、と一先ず
ガラ空きだった遊覧船乗り場の駐車場に車を停めたら
目についたお店が『湊原忠』。
(各お店の詳しい情報は真鶴町観光協会のサイトにアリ)

2階の窓際でお食事をしている方々が見えました。
席が空いてるよ!とのことで決めました。
1階は生け簀と厨房、2階がお座敷になっているようです。
雰囲気は海辺の民宿、といった感じです。
民宿、旅館に泊まったことのない子供達は珍しそうに
中を眺めていました。
大きく開け放たれた窓から入る風が心地よかったです。

定食は、ご飯の量が多いので魚料理の品数が多い
定食を2人前頼み、子供2人と大人2人で分け合って
食べて丁度いい量でした。
単品で頼んだカサゴの唐揚げが最高に美味しかった
です!
頭からヒレまでキレイに食べてしまいました。
お刺身、煮魚、唐揚げ、焼き魚、どれも美味しくて満足
でした。

半島の西側にも人気店があるようで道端にも車が
停まっているほど。
後で調べてみたら1000円バイキングをやっている
イタリアンレストラン・マコの周辺でした。
この辺りはラーメン屋さんも和食屋さんもあり迷って
しまうかも。

私達が入ったお店のお隣の『かわはぎ』も気になって
いました。
店名そのもの、かわはぎメインのお店です。
店先に水槽があって、かわはぎが沢山いました。

帰りは真鶴道路の旧道を使おう、と真鶴駅前に
向かっていました。
すると左側に魚屋さんが!
ど~も鰯らしきお魚が眼に入りました。
お昼に一杯お魚を食べたので今晩は、お魚じゃない
ものをと予定していましたが酢〆にしておけば明日の
晩のおかずになるじゃない!と食い意地がはって
きました。
向かいの駐車場に車を停め、お店に入ってみると
鰯ではなく鯵でした。
鰯ほど癖がないので酢で〆ちゃうのは勿体無い気も
しましたが手ぶらで帰るのもね~、と6尾買いました。
忙しくない時間帯だと使いやすいように捌いてくれる
ので相談してみるのもいいかもしれません。
白身のお魚のアラは出汁にもなるので丸のまま買って
帰るのですが青魚のアラは使いづらいので皮を剥いだ
半身にしてもらいました。

一緒に買った自家製のさつま揚げも美味しかった
ですよ。
魚を焼くグリルでサッと焦げ目が付くくらい両面を
焼いて生姜醤油で頂きました。
二藤商店さんで買いました。
(ここは真鶴町観光協会のサイトの地図にも出ています)
駅から近いので電車で来た帰りに寄るのもいいかも
しれません。

3時半頃真鶴町を出ましたが、真鶴道路は所々渋滞した
ものの、予想より空いていました。
もっと遅くに真鶴道路を通る車が多いのでしょうか・・・
西湘バイパスも混んでいなくて日が暮れる前に自宅に
戻ることができました。

三崎方面も好きですが藤沢・鎌倉・横浜、どこも混んで
帰るのに時間がかかるので、どうしても足が遠のいて
しまいます。
魚市場は三崎の方が活気があるかもしれませんが
便がいい真鶴も好きになりました。

長々と綴ってきた真鶴町巡りは、ひとまずこれが最後
です。
夏になったら海水浴に来るかもしれないので、その時
また何かご紹介したいと思います。


2008.6.23
真鶴道路上り線から撮りました。

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
スポンサーサイト

テーマ : 家族でお出かけ - ジャンル : 育児

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。