スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は半夏生☆蛸とアボカドのエスニック炒め丼弁当

2007.7.2

蛸とアボカドのエスニック炒め
ズッキーニのソテー(ハーブソルトをパラリ)
プチトマト
糸三つ葉の葉とレモン(食べる時にキュッと絞ります)
下に五穀雑穀入りご飯


今日は『半夏生』だということをスーパーのチラシで
知りました。

暦の雑節の内の一つなのだそうです。

説明が長くなるので詳しい謂れは検索でお願いします。

稲作や畑仕事をしている方は、ご存知なのかも。

チラシでは『蛸を食べる日』と、ありました。

和風の煮物だと里芋や大根と、というイメージですが
夏だし・・・

イタリアン風にするか、エスニック風にするか悩んだの
ですが、この頃、苦手だったナンプラーに嵌まっている
ので、それで炒めてみました。

蛸とアボカドの組み合わせは以前、アンチョビソースで
炒めていますが、ナンプラーもいいかも♪

エスニック料理のレシピをいくつか見て、決めました。

スライスしたニンニクを胡麻油で炒める
(炒めたら取り出さず、そのままトッピング風に)
香りが出たら蛸を炒め、ある程度火が通ったらアボカドを
炒める
ナンプラー、スイートチリソース、レモン汁を合わせた
ものを回しかけ、サッと炒めたら完成!
香菜が無いので似ている三つ葉の葉とレモンを
添えました。

韓国料理のようにピリッとした辛さとは違う、酸っぱくて
しょっぱい、パンチの利いた風味は癖になりそう♪

お疲れ気味で辛いのは胃がチョット、というときでも
この位の刺激なら大丈夫そうです。

エスニック料理で使う油って、ピーナッツ油でしょうか?
似た風味の胡麻油で代用しています。

お夕飯にナンプラー入りのスープを作りました(後日
ご紹介予定)が、何分か火を通すと独特の香りが飛んで
食べやすくなりました!

お酢と同じなんですね、火を通すと香りが飛んで旨みが
残るようです。
炒め物やドレッシングにナンプラーを加える時は香りを
飛ばしてから加えると初心者でも食べやすいかも。


にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
スポンサーサイト

テーマ : アジアンエスニック - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。