スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軟白うどの煮物&新玉葱のおかか和え弁当

2007.4.19

玉子焼き
牛と蕗のオイスターソース炒め
軟白うどの煮物(上に木の芽)
新玉葱のおかか和え(ポン酢)
茹でスナップえんどう(マヨ別添え)
プチトマト
ご飯にゆかり


うどの煮物は私の父の故郷では良く作られていて
私は何度か食べたことがあります。
私の母は父とは同郷(しかも近所)ですが煮物は
大の苦手で、母お手製のうどの煮物は食べたことが
ありません。
親戚に電話して作り方を聞いて作ってみました。

皮をピーラーを使って厚めに剥き、斜め薄切りにして
沸騰させた酢水で5~10分ほど湯がき灰汁抜き
水気を切ったら胡麻油(香りの強い茶色のもの)で
サッと炒め、かつおダシ、たっぷりの味醂とお酒を
足し、アルコールが飛ぶまで加熱
濃口醤油を入れ、ひと煮立ちさせたら火を止め味を
なじませる

しっかり灰汁抜きをしておけば苦くて食べられない、という
ことはないようです。
上の木の芽は実家から採ってきたものです。
結構、大きな木になってきたので沢山採れるように
なりました。
子供達が葉っぱを採るのが好きなのですが大事な木の
葉までむしってしまいそうなので、いくらでも採っても
いいように山椒の木を植えたようです。

「山椒の木の芽を採りにおいで」という子供達(孫)を
呼びつける良い口実にもなっているようだけど・・・

新玉葱が美味しい時期ですね。
以前買った新玉葱は、お水に晒しても辛味が抜けなくて
ど~しよう、だったのですが今回のは大丈夫。
お水に晒した新玉葱は手でギュッと絞ったら更にキッチン
ペーパーに包んでギュッと絞り徹底的に水分を取ってから
ポン酢とおかかで和えました。
おかかが更に水分を吸ってくれることを期待してタップリ
入れました。

それにしても、ここ最近冷えますね~。
漂白までして仕舞い込もうとしたババシャツをまた
引っ張り出して着ています。
厚手のジャケットやフリースを着る気分でも無いので
薄手のカットソーの下にしっかり着込んでいます。


にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
スポンサーサイト

テーマ : お弁当 - ジャンル : グルメ

コメント

ウド

ウド、好きです~。
私は糠漬けにして食べるのが好きです。
きんぴらとか、そのまま味噌でパリッと
食べちゃうのも好きなんですけども。

うちも最近、新玉葱三昧してます。
夫が「玉葱料理!」と騒ぐもので・・・。
今日は何にしようかなー。

うどのこと教えてくれてありがとう!

すごく美味しそう~☆
うどは料理したことがありません。
どうやるのか知りませんでしたので。
これで分かりましたので・・・
今度やってみます!
色合いといい、栄養といい・・・
とってもバランスのいいお弁当ですね!!

焼き鮎様

糠漬けも良さそう~☆
いい事聞きました、ウチでもやってみよ。

味噌付けて食べちゃうなんて、なかなかの通とお見受けしました!

新玉葱、最高ですね~。
低カロリーなのでメタボリックの予防にもなるようだし高カロリーになりがちな晩酌のお供にも、いいかも。

らぶわいたん様

南関東では食べたことない方が多いのかもしれません~。

自生のうどは山菜の部類に入るようだし。

酢水で、しっかりと灰汁抜きすればサラダにも使えるので食べてみてください!

子供達には、この煮物とゴママヨで和えたサラダが人気です。

うどの先は天ぷらにするとタラの芽のようで美味しいですよ~。

両親の故郷は関越道が出来るまでは陸の孤島状態でした。孫の私は1年に1回顔を出すかどうか、だったので山菜には詳しくはないのですが色んな食べ方があるようで奥が深いかもしれません。

べジフルのお勉強の参考にでもなれば幸いです☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。