スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100均のパウンド型で山型食パン焼きました

2007.3.27

2007.3.27

2007.3.27

パウンド型は100均で購入したテフロン加工のもの
です。

1週間ほど前にも焼いてみたのですが打ち粉が多すぎ
フンワリ感が足りない、と満足できない出来だったので
アップは控えておりました。

今回は4回目にして、かなり満足のいく仕上がりと
なりました。
半日経っても食感が変わらず、サンドウィッチにしたら
美味しかったです♪

実は、朝一番で焼いたものは牛乳の量を減らしたら
硬くボソボソとした焼き上がりで失敗!
夕方、再チャレンジしたものに至ってはイーストが
古かったのか、お塩を入れるのが早すぎたのか1次
発酵が終わっても生地はベタベタのままで全く膨らまず
と、昨日はコレも入れれば3回も捏ねた事になります。
真剣にHBが欲しくなりました

参考にしたレシピはクックパッドの『きゃしーさん』の
レシピレシピ 翌日もフカフカ@基本のパン生地 by
きゃしー
です。
1次発酵終了まではHBを使っているので、そこまでの
捏ね方は『SALASAさん』レシピ シンプル食パン♪
(超我流な捏ね方付き♡) by SALASA
の所を参考に
しています。

奥薗さんのレシピ本の生地に比べると、とにかくベタ
ついて捏ねにくい!!
ホントにまとまるようになるの~???と手粉を
付けながら20分ほども捏ねましたが・・・

なので、今朝は牛乳の量をガサッと減らしたらボソボソ
すぎ・・・
なので、今回は牛乳を70mlにしてみました。
捏ねてると、あまりにも硬いな~、と感じたので牛乳を
もう5ml足してみたら、ベタつかず、硬すぎずの
捏ね上がりに!
たった5mlの差でベタついたり、まとまりがよく
なったり・・・とパン作りには驚かされます。

小麦粉のメーカーによってベストな水分量が変わる
という記述をあるサイトで見たこともあります、ウチの
小麦粉にはコノ水分量がベストなのかもしれません。

有塩のバターを使っているのもありますが、レシピ
通りのお塩の量だと濃く感じたので半分に減らしました。

生地をパ~ンと叩きつけている音がし始めると子供達は
パンが焼けるんだ~、と気付き、大騒ぎです。
下の子が産まれる前でもパンやお菓子を手作りしたことが
ないので、こんな生活になるとは思いもしませんでした。
フルタイムのお仕事をもっていたり、未就園児が居て
子育てにかかりっきりだと時間をお金で買う、というのは
当然なのですが、ちょっと手が空いた今は手間をかける
のが楽しいです♪

今回からは発酵時に使うラップの代わりにヘアー
キャップを使っています。
クックパッドのレシピをアレコレ見ていて、このアイデアを
見つけたのだったかな?
ホテルのお風呂場にあるような、ペラペラのビニールで
出来たものが大きなボウルに丁度合うんです♪
今回使ったパウンド型にも、しっかり被せられました。
今まで使い道が無くて持ち帰っても困っていたのですが
思わぬ利用法が出来ました!

3gのイーストが10回分入ったものを見つけました。
日清スーパーカメリアのものです。
HB用のようですが、今回の食パンに使うイーストの
量は小さじ1、これを量ってみると大体3gでした。
使い切りで丁度合います。

50gのものを開けると大体16~17回焼かなければ
なりません。
(バターロールは6g使うのでソレも焼けばモット減りが
 早くはなりますが・・・)
1日おきに焼いたら1ヶ月はもってしまいます。
冷蔵保存してても1ヶ月もつのかチョット心配です。
3gの小分けのものを常備するか、50gのものにするか
悩んでいます。


にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 手作りパン - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。