スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマト嫌いでも食べられた鶏トマ丼弁当

2007.3.15

鶏トマ丼(五穀雑穀入りご飯、鶏もも、トマト、しめじ)
茹でスナップえんどう
牛蒡のゴママヨ和え
赤・黄プチトマト


鰻トマ丼、というのを見たことがあるのですが、鰻の
蒲焼を鶏の照り焼きに置きかえて作ってみました。

鶏ももは一口大に切ったら、お醤油・みりん・すり
ニンニクを合わせた漬けダレ(濃い目に)に1時間ほど
浸しておきました。

熱したフライパンに胡麻油をひき、しめじと鶏を炒め
火を弱めたらピッタリと蓋をして蒸して中まで火を
通しました。
最後にザルに上げて水気を切った、ざく切りのトマトを
加えてサッと炒めたら完成です。

下味を付けた鶏ももは小麦粉をはたいてから炒めると
トロミがついて、また違った仕上がりで良かったかも
しれません。

トマトから出た水分で、お味が薄まってしまったら
お醤油を仕上げに垂らすと引き締まると思います。

肉好きの子供の分にはお肉多め、私の分はしめじ多めに
してご飯の上にのせています。

生のトマトは大好きなマヨネーズを添えても食べられない
子が、これに入っていたトマトは食べました。
中華では良く見かけるトマトの炒め物、馴染みの無い私は
初めて作りましたが、お醤油味にも違和感が無いのには
驚きました!

旬の甘いトマトで作ると、また違った味わいかも
しれませんね。


にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
スポンサーサイト

テーマ : お弁当 - ジャンル : グルメ

コメント

美味しそう~♪

食べてみたいです。。。
こんな夜中なのに~!!(泣)
ゴックンです。。。

らぶわいたん様

照り照りとした艶と、ご飯にお味がしみたところを想像すると食べたくなっちゃいますね、照り焼き丼系~。

夜中の丼ものは危険・・分かっていても無性に食べたい時あります、酒呑みなもんで・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。