スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春菊徒然

2006.3.23


卵焼き
春菊胡麻和え
蓮根きんぴら炒め
アスパラとベーコンのソテー
おじゃがとツナのマヨ和え
プチトマト
ご飯(五穀雑穀入り)


テレビ朝日で放映されていた『食彩の王国』、録画して
あったのをようやく視る事ができました。
『春菊』を取り上げた回があったのですが、これが
なかなか興味深くて・・・

私、鍋物に入っている春菊が苦手で、寄せ鍋やすき焼き
などには入れないのです。(出されれば食べますが・・・)
湯がいて胡麻和えにしたり、ゴマドレで和えたものは
大好きで良く食べます。

関東で売っている春菊は茎が太くて硬いものばかりですが
大阪の春菊は若いうちに摘んでしまうので茎も柔らかそう
でした。
料理人さんが「茎が硬いと葉と煮え時間が違ってしまう」
ので、茎が柔らかい、若いものを好むからなんだそうです。
こんな春菊なら、私も薄味で食べてみたいな~、と
思いました。

下関の春菊は、ギザギザのない葉に改良されていて、生で
食べたり、お刺身のつまに使われているそうです。

地方、地方でお野菜も変わるんだな~、と感心して
しまいました(*^_^*)

**************************

上の子の謝恩会が無事終了し、ようやくノンビリと
ご飯の支度をすることが出来るようになりました~。
卵焼きなんて何日ぶりに焼いたことか・・・(^_^;)

長いお休みに入ると、毎食2人の子供のご飯の心配を
しないとならないのが辛いトコロ。
園の送り迎えの時間を気にしなくていいのは気が楽
だけど、子供達の習い事はお休み中も変わらずにある
ので、やっぱり、それなりに忙しいですね~。

お休み中も、朝、お弁当を作っておくと、キッチンに
立つ回数も減るし、お出かけしても持って行くことも
可能だし、帰宅しても直ぐに食べることが出来るので
なるべく作るつもりでいます。
スポンサーサイト

テーマ : お弁当 - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。