スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥薗壽子さんのラクうまな基本のパンに挑戦!

2007.3.11

今回はパン焼きの基本に近い料理研究家奥薗壽子さん
の著書『ラクうま手作りパン』(主婦の友社)を参考に
作りました。
最初の基本の生地のレシピ通りです。

粉250gに対し卵1個を使うからでしょうか、しっとり
ふわふわなパンに焼きあがりました!

私が使っているのがカメリアの6gずつ小分けになってる
イーストなので、このレシピだと1袋使いきれるし
バターが50g、と、これまたキリのいい量を使うので作り
やすかったです。
10gの目盛りが付いたバターだし、目盛りが無くても
200gのものなら1/4カットすればいいだけ!

洗うものは大きなボウルとメジャーカップ、バターをチン!
する器、卵水を作る器、計量スプーン、卵水を塗る刷毛
だけ、という合理的なトコも気に入ってしまいました。
(レシピ本ではボウルを使わずビニールの袋を使って
 いましたが、私は手ごねの感覚を覚えたかったので
 ボウルで)

お砂糖とお塩は保存している容器から直接スプーンで
量り取るだけ、強力粉も予め量り取っておかず、粉を
混ぜる大きなボウル(それかビニール袋)を量りにのせ
量りながら250g分の粉を入れるので洗い物が減る
ということのようです。

卵水は生地に混ぜ込む卵の卵黄からチョット拝借して
作るので、生地・卵水に使う卵は合わせてきっかり1個で
済みます。

発酵はオーブンレンジの発酵機能におまかせしたし
成型がいまいち(かなり?)ですが、超初心者の私でも
ふんわりと焼けました!

レンジ発酵に比べれば時間がかかりますが、食感は
バッチリです!!

HBが人気なのも分かる気が・・・タイマーがかけられる
のも魅力ですが、力が要らない、というのも大きいかも。

ケーキ作りの為に買った無塩のバターを使いました。
ケーキだけだと、なかなか使い切れませんがパンは毎日でも
食べたいもの。
小まめにパンを焼けば、うんと古くなる前に次のバターが
買えるのでいいかも♪
(450gのバターを買うのは流石に無謀でしょうか?

遅めのお昼ご飯にしようと、いそいそと準備を始めたの
ですが、間に合わず遅めのおやつタイムに食べました。
思いのほか美味しく出来たのに感激して2個も食べてしまい
ました

にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 手作りパン - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。