スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河口湖大石地区、旅籠屋山中湖店

河口湖

河口湖

河口湖

もみじトンネルから更に西湖に向かっていくと大石地区
国道沿い程ではありませんが、お店が集中しています。

大石公園無料駐車場に車を停めました。
まん前に湖です。
お天気がよければ、湖と富士山を一緒に見ることが出来る
らしいです。

お隣には『河口湖自然生活館』。
子供達がグッスリと眠ってしまっていたので中には
入らなかったのですが、出てくる人が何人か。

宿は河口湖周辺ではなく、山中湖周辺に予約を入れて
いたので観光は諦め、山中湖へ向かいました。

『道の駅かつやま』の前を通り、そのまま進んでいくと
河口湖大橋から延びている道にぶつかるので、右折して
入り、国道138号線へ。

湖北ビューライン周りで行くと、国道の混雑が信じられない
ほど空いています。
遠回りになるので、かかる時間は、どちらも同じくらい
なのかもしれませんが、寄り道しながら行くのもいいかも
しれません。

国道138号線は結構混んでいて、ホテルに着いた時には
もう真っ暗でした。

今回泊まったお宿は『ファミリーロッジ旅籠屋山中湖店』。
公式サイトはコチラ。
http://www.hatagoya.co.jp/Yamanakako/index.html

晩ごはん無し、朝は軽食付き、というB&B(ベッド&
ブレックファースト)タイプのホテルです。

丹念に探していけば、もっと色んなホテルがあるのかも
しれませんが、時間に余裕もないので楽天トラベルの
サイト内で検索した中で素泊まりが出来るホテルの中では
お得で良さそうなので予約を入れてみました。

口コミの書き込みを見ても評判がいいようですしホテルの
設備などがしっかりと紹介されていて安心でした。

大人だけならサービスや設備に不満があっても融通
つけたりガマンが出来ますが、子供は、そうもいかない
時もありますから・・・

車なら、なんでも詰め込めるのでシンプルなアメニティで
十分です。
寝相が悪い子供達なので畳にお布団の方が安心
なんですが晩ごはん付きだったりすると量が多くて
残されたり嫌いな物は残されたり、で無駄になりがち
なので、ここは妥協。

子連れも多いお宿のようなので、他の宿泊客に必要
以上に気兼ねすることもないのもポイント高し。

ホテル

アパート風の建物です。

ホテル

ロビーのツリーがきれいです。

写真が多いので分けています。
続きは下をクリックしてお進みください♪
ホテル

ホテル

ここでは写っていないけど、このロビーにコーヒーメーカー
(ファミレスのドリンクバーにある、1杯ずつカップに
落とすタイプ)や、お湯の入っているポットがあって自由に
飲めるようになっていました。
お部屋に持っていっても大丈夫なのが嬉しい。

ホテル

お部屋のテーブルは大きいので、こんな感じに椅子を
並べて食事をしました。

上にのっているのは、ここのホテルのロビーに置いて
あった見学や観光のできる施設などのパンフと割引券。
1種類ずつ取っても、この量です。
全部使い切れないけど、割引券は有効期限が無い物が
殆んどだったので、次回来た時も使える、と持って
きました。

鍵だけではなく、内側からドアチェーンもかけられるので
とっても安心です。

ホテル

朝ごはんのパンとコーヒーとジュース。
(ジュースは朝のみ飲めます)

クロワッサンは皮がパリッとしてるし美味しい!
お部屋の空の冷蔵庫は自由に使えるので、ヨーグルトや
サラダ、果物や牛乳などは、お店で買うか、自宅から
持ち込めば豪華になりますね~。

車で2~3分の所にコンビニがあるし、忍野にはスーパー
もあったので買出しには困らないかも。
寒い時期は温かいものが食べたいのでIHのコンロ等が
あると、簡単な調理も出来て嬉しいのですが、そうなると
割高になってしまうのかも・・・

ロビーにレンジとオーブントースターがあったようなので
工夫次第で楽しめそうですね。

ホテル

大きな窓があるので開放感がありますが、通路に面して
いるので昼間のみレースのカーテンだけで。

ホテル

着いた時には気が付かなかったけど、朝ごはんをロビーに
取りに行く為、通路にでたら葉っぱが落ちていたのに
ビックリ!

河口湖の周辺は、まだまだ葉っぱが残っていたので・・・

まだまだ続きます!


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
スポンサーサイト

テーマ : 家族でお出かけ - ジャンル : 育児

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。