スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年のお雑煮とおせちです

新年明けまして、おめでとうございます。

今年一番の冷え込みとなった朝に見た初日の出は
とてもキレイでした。
昨年のモヤモヤを吹き払うかのようでした。

気を引きしめて生活していこう、と心に誓いました。

年々、体力が落ちていて、昨晩は11時までが限界で
大掃除の手を止めて、お風呂に入りビールを飲みながら
NHKの『ゆく年くる年』をゆったりと見ていました。

年が明けたら恒例のシャンパンで乾杯。
三が日は日本酒を呑む機会が多いので。

朝、なんとか起き初日の出を見たら1時間ほど仮眠し
お雑煮と御神酒代わりの吟醸酒を準備し乾杯の後
食べて、近所の氏神様へ初詣へ。

アイスを食べて3時間ほど仮眠し、のんびりお正月番組を
見たら、おせちの準備にかかりました。

2010-1-1

毎年、恒例のけんちん仕立てのお雑煮です。

こんな可愛い蒲鉾は子供に好評です♪

2010-1-1

今年は、お重に詰めず食べる前に器へ盛り付けました。

祝い肴 バター醤油風味の田作り・黒豆・数の子 ちょろぎ

鰊の昆布巻き、伊達巻、栗きんとん、蒸し海老
イクラと山葵漬けを挟んだ蒲鉾

煮〆 門松に見立てた牛蒡、蓮根、干し椎茸、コンニャク
   里芋、梅型で抜いた金時人参、松の型で抜いた高野
   豆腐 塩ゆでの絹さや

紅白なます

蒸した鯛 酒蒸ししたらお塩と柚子のしぼり汁をかけて

作ったのは煮〆と田作り、酒蒸しだけです。
細々したものが多いので盛り付けに時間がかかり、作る
方にまで手が回りません。
おせち料理が無いのも寂しいのですが食べるのは少しだけ
なので市販のものを活用します。

2010-1-1

今年は、お重を使わない、と決めていたのでちょっと
変わった煮〆にしました。

門松に見立てた牛蒡(竹)、梅の形の金時人参(梅)
松の形の高野豆腐(松)で『松・竹・梅』です。

牛蒡は湯がいた糸三つ葉で結ぶつもりだったのですが
用意したものが短かったため出来ませんでした

椎茸の戻し汁も入れて一緒に煮てしまった為、色合いが
黒っぽいです。

2010-1-1

大人用には山葵漬けを挟んだものものせましたが子供の
お皿にはイクラを挟んだものをのせ伊達巻を3切れに
しています。

子供は半分は食べ残すだろう、とご飯とイクラを用意して
あったのですが「肉が食べたい!」というので急遽、豚の
生姜焼きを作りました。

来年からは子供向けのボリュームあるお肉料理も準備
しようと思います。

次の記事で鯛の酒蒸しを入れた籠をご紹介します!


にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : お正月料理 - ジャンル : グルメ

クリスマスの食卓 2009

2009-12-25

ケンタッキーのチキン
マクドナルドのポテト
ワカモレもどき(レモン汁と岩塩のみ)withリッツ
ローストビーフサラダ添え
(紫キャベツ、レタス、きゅうり、ブロッコリースプラウト
 ベビーリーフ)
前夜の南瓜のポタージュ


この日にしたことは、お野菜を千切りにしアボカドを潰して
レモン汁と岩塩で和えただけ!

色々な事でバテてた為、簡単なメニューとなりました。

もうちょっとピックやあしらいで華やかにしても良かった
かな?とも思いましたが早く食べ始めて(飲み始めて)
早く片付けたかったので諦めました。

疲れていたのか油っぽいメニューを受け付けず殆ど食べ
られなかったのですが子供達には、こんなのが
うけるんです。

お料理する愉しみは減りましたがワイワイと食べられるのは
有り難いことです。

何年かして子供達と共にシャンパンで乾杯!できるのが
待ち遠しいです。


にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村

冬至の食卓 2009

2009-12-22

豚の生姜焼き 下にキャベ千
かぼちゃのポタージュ
波乗りジョニー 胡麻ドレかけ
シーザードレッシングで和えたポテサラ(玉葱たっぷり)
チン!したブロッコリーとプチトマト
焼酎お湯割り 柚子とハチミツ入り


今日は冬至ですね。

この日の為に柚子をたっぷりと頂いたので愉しみました♪

お風呂にはノーワックス、無農薬の柚子をたっぷり浮かべ
私は柚子をたっぷり絞ってハチミツと麦焼酎を入れお湯で
割ったもの、子供達は柚子の果汁とハチミツをお湯で
薄めたもので温まりました。

ここ数日の冷え込みに比べれば今日は暖かい日と
なりましたが、まだまだ寒さがこたえます。
こんな暖かい飲み物が嬉しいです。

冬至は南瓜の煮物を作ることが多いのですが流石に
飽きてきました。
今年は南瓜を1個分レンジでチン!して裏ごしし
ポタージュにしてみました。

牛乳でのばし、ちょっとのお塩で味付けただけなの
ですが意外と好評のようです。

11月の3連休に群馬県沼田市の『吹割の滝』を見に
行ったのですが、そこで林檎を買った時におまけで
貰った南瓜を丸ごと使いました。
南瓜って涼しい所に置いておけば長持ちするんだな~
と実感しました!


にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村

テーマ : ばんごはん - ジャンル : グルメ

2009年のお節です

明けまして、おめでとうございます。

お年始廻り、初詣、年賀状書きが終わり、やっとブログにも
手が廻るようになりました。
更新頻度は相変わらず低いまま、となりそうですが
日記代わりにボチボチ書いていきたいな、と思っています。

2009年最初の記事は、お節です。

何年も作っていると、毎年同じようなものばかりになって
いますが、お節とはそういうもの、とも思うので、これで
いいかな、と・・・

2日からは、お出かけすることも多いので元日に
食べ切れる量を作るのにも慣れてきました。
量り売りや少量パックで売られているものも年々増えてきて
いるようなので活用させてもらいます。

2009.1.4
一の重

柚子釜にイクラ
数の子
黒豆
栗きんとん
バター醤油田作り
紅白蒲鉾
昆布巻き

バター醤油田作りのみ、手作りです。
2008年1月4日にご紹介している変わり田作りと作り方は
似ていますが、今年は出し殻ではなく、乾煎りしたイリコを
バター醤油で炒めています。

バタピーの作り方と似ていて、冷めるとサクサクになります。
市販の甘いお味付けが苦手な方には合うかもしれません♪

柚子釜を作るために、くり抜いた中身は晒し布で包んで絞り
その汁は鰤の柚香焼きの漬け汁に加えています。

2009.1.4
二の重

伊達巻
紅白なます
鰤の柚香焼き
百合根の梅肉和え
海老の艶煮
酢ばす
鴨肉の胡麻味噌焼き

伊達巻と海老の艶煮は市販のものです。
艶煮はスーパーで3匹パックされたものがあったので
無駄なく利用しています。

鴨肉は、年越し蕎麦として食べた鴨南蛮風の残りを使って
います。
30日に胡麻味噌ダレに漬け込み、大晦日に魚を焼く
グリルで焼いて、ラップでぴっちり包み保存しておきました。

百合根は酢を入れた湯でサッと湯がき、叩いて少量の
かつお出汁でのばした梅肉で和えています。
酸っぱすぎないので好評でした。

2009.1.4
三の重

お煮しめ
牛蒡、蓮根、里芋、蒟蒻、筍、京人参、干し椎茸
彩りにサッと塩茹でした絹さや

昔ながらに一品ずつ煮ていく時間は無いので必要な灰汁
抜きが終わったら、干し椎茸の戻し汁と混合節も入れた
濃い目のお出汁で、一緒に煮含めました。
日持ちを考え、筑前煮(がめ煮)のように鶏肉を入れるのは
避けました。

シャトルシェフで煮ると黒ずんでしまうので今年は麩は
使いませんでした。
彩りに使えそうなものは忙しくて買いにいけず、昨年も
使ったもので凌ぎました。

お雑煮のおつゆは、けんちん汁風の根菜たっぷりのを
用意しました。
年末、無茶したせいか、年明け早々具合が悪くなって
寝込んでしまい、私は、お雑煮を食べられませんでした。
なので画像ナシです。
夫が仕上げて子供達と食べたそうです。

大掃除が中途半端で終わってしまった所もあるので
ちょっと悔しいのですが、お節は何とかなり一安心の
年明けとなりました。


にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村

テーマ : おせち - ジャンル : グルメ

2008 お雛祭の夕餉

2008.3.4
散らし寿司(刻み穴子、海老、錦糸玉子、絹さや、人参)
潮汁(蛤、手鞠麩、菱餅を模した蒲鉾、木の芽)
さごしの塩焼き
たらの芽と南瓜の天ぷら


毎年、ドド~ンと作っても残されることが多いので今年は
肩肘張らず作ってみました。

散らし寿司の刻み穴子は刻まれた状態で売られていた
ものを購入、錦糸玉子も売っていましたが下手っぴ
ながら焼きました。
絹さやはサッと塩茹で、京人参はおダシ、お酒、味醂
白醤油で煮含めてあります。
良く見ないと分らないけど大きいのと小さいのを
散らしてあります。
梅型だけど、桃の花も似た形なので許されますか?

甘辛く煮た干瓢や干し椎茸が入ったのも好きなのですが
時間が無いので代わりに刻み穴子を使っています。

潮汁に使っている菱餅風の蒲鉾はデパ地下に入っている
鈴廣さんのお店で買いました。
昨年も使っています。

中国産の蛤がお得値で沢山並んでいましたが買っている
方は少なかったような・・・
何かで見たのですが、蛤は海の汚染に弱く国内で獲れる
ものは減っているそうです。
減り続けて蛤が食べられなくなったら悲しいです・・・

さごしの塩焼きの下に引いている笹の葉は、お正月に
使った笹の葉と同じパックだったものです。
開封したら、しっかり浸る量の水と共にタッパーに
入れ、蓋をして冷蔵庫に保存しておきました。
2週間に1度くらい、お水を替えています。
取り出したら開封した時と同じように瑞々しいです。

来年のコノ時期は下の子の入学準備で大忙しだと
予想され・・・もっと簡単になってしまうかもしれません。


2008.3.42008.3.4
2008.3.42008.3.4


にほんブログ村 料理ブログへ

テーマ : 特別な日のお料理(行事・お祝い・季節ごと) - ジャンル : グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。